内閣総理大臣鳩山由紀夫

内閣総理大臣鳩山由紀夫

内閣広報室より

本ブログは更新を終了しました。これまでのご愛読ありがとうございました。

鳩cafeについて

カフェという名前にしたのは、みなさんと直接対話できる場をつくりたかったから。みなさんの声を聞いて、日本の政治を変えていきたいと思います。そして政治の話に限らず、身辺に起こったいろいろな話題についてもお話できればと思っています(当面は毎週更新が目標です)。みなさんと政治を少しでも近づけたい。そんな想いをもって続けていきます。

リアルでもやります

毎回何組かずつお客さまをお招きし、私も話の輪に入れていただく、リアルな官邸茶房「鳩cafe」も始めました。第2回目は4月4日に開催しました。くわしくはこちらをお読みください。議事録のダイジェスト版も掲載しました。

ご意見・ご感想は

このブログへのご意見、ご感想は、首相官邸ホームページの「ご意見募集」からお寄せください。

みなさまから多数ご質問をいただきましたので、その回答をこちらにまとめました。

01/17(日曜日)

阪神・淡路大震災15周年追悼式典


20100117114428

秘書官が撮影したものです。


本日は、15年目を迎える阪神・淡路大震災の追悼式典に出席してまいりました。あらためて、震災で亡くなられた方々のご冥福を祈り、政府として防災対策をしっかり進めていくよう決意を新たにしました。

また、復興に力を尽くされた市民やボランティアなどでお手伝いいただいた皆さん、海外からのご支援に尊敬と感謝の念を新たにしました。

この震災では、妻の親族や私が毎年のように通っていたなじみのお店も被災しました。

まさに、被害の深刻さやその残したつめあとの大きさを切実に感じました。

一方、このような大きな被害の中でも、混乱や秩序を乱すような行為もなく、市民やボランティアの皆さん方が一丸となって復興に努められたことは、本当に誇るべきことだと思います。

災害列島・日本に暮らす私たちにとって、防災や「減災」は大きな課題です。

耐震性の確保などのハード面や、人と人とのきずな、互いに支え合うためのコミュニティ機能の強化といったソフト面など、さまざまな視点で対策を進め、国民のいのちを守ってまいります。

今もハイチで大きな地震災害が起き、日本の国際緊急援助隊が明日から現地で活動の予定です。被災された方々にお見舞い申し上げるとともに、阪神・淡路大震災を機に培った日本の防災対策を国際社会でも役立てていけるよう、努力してまいります。

なお、現職の民主党衆議院議員が逮捕されたことは大変残念ですが、捜査の推移を冷静に見守ろうと思います。